無期転換制度とは、どのような制度ですか?

(雇い止め)

無期転換制度とは、どのような制度ですか?
平成25年4月に改正された労働契約法18条で、同一の使用者の下で有期労働契約が通算して5年を超えて繰り返し更新された場合は、労働者の申し込みにより無期労道化役へ転換する制度が出来ました。

店舗としては、祐樹から無期への転換を認めるのかどうか方針を決めておく必要があり、もし無期転換を認めることが現実的でないと判断される場合には、予め労働契約において、契約更新回数・年数を5年以内に定めておく必要があります。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。