フランチャイズ店のメリットとデメリット

フランチャイズ店とは、フランチャイズチェーンを運営する会社(フランチャイザー)と、フランチャイズシステムに加盟する加盟店(フランチャイジー)がフランチャイズ契約を交わして、その契約内容に基づいて運営していくお店の形態を言います。

多くの場合、フランチャイジーは、フランチャイザーから商標やブランドロゴマーク、商品・サービスなどの利用を認められ、経営ノウハウの指導も受けて、その対価としてロイヤリティーなどの費用を支払います。

独立店として経営していくか、フランチャイズ店舗として経営していくかについては、それぞれ、下記のようなメリット・デメリットがあります。

フランチャイズ契約にまつわるトラブルが多発しており、お困りのことやご不安がありましたら、お気軽に弁護士にご相談ください。

 

①フランチャイズ店のメリット
  • 開業が比較的楽にできる
  • フランチャイザーの経営ノウハウやブランド力を利用できる
  • 集客がしやすい
  • 有能なスタッフを集めやすい
  • 仕入先の確保が容易であり、コストダウンもできる
②フランチャイズ店のデメリット
  • 独自性やアイディアは制限される
  • ロイヤリティの支払が必要
  • 損失の責任はあくまで事業主にあり、利益は何ら保証されていない
  • 解約の場合、違約金等の支払を余儀なくされる

 

当事務所では飲食店の創業支援に力を入れています。

飲食店の開店にともなう、各種許可申請、融資や補助金・助税金等の資金調達、法人の設立、物件選びと契約、従業員の募集と雇用など、様々な支援をご提供しています。創業に関することであれば、どのような内容のものでも構いませんので、どうぞお気軽にご相談ください。