債務超過への対応

飲食店の経営は、本当に厳しいですね。
業務内容の過酷さに比して、残る利益がいかにはかないものであるかという、飲食店の厳しさを、夢の雫を経営して知ることができたのは、飲食店を一生懸命経営される皆様に寄り添う仕事に従事させていただく上で、欠かせない貴重な経験になっています。

ただ、余りにも競争の激しい飲食業界、努力はしたけれども経営が残念ながら立ちゆかない事態を招いてしまうことは、こればかりは、誰もが明日は我が身であって、恥ずかしいことでもなんでもないと思います。人を雇用し、経営をする上でのやむを得ない誰もが抱えるリスクであり、そこに挑戦したことは誇りでもあると思います。

だからこそ、資金繰りが立ちゆかないことがはっきりと分かった場合には、速やかに、責任をもって、誇りある誠実な対応に努めるべきだと思います。それすらをも怠ってしまうならば、それは、全てにいい加減な、「無責任」というだけのことだったということになってしまうのだろうと思います。

当事務所では、安易に、破産や整理を進めたりはしません。一生懸命経営の維持に努めてきた経営者の皆様のご意思を当然ながら尊重し、寄り添いながら、正しい知識を持って様々な引き出しから再生の道を探り、それでもどうしても駄目な場合には、破産・整理に移行するという作業手順を採ります。
一人で悩まず、どうかお早めに弁護士にご相談ください。

①任意整理

→任意整理のページにリンク

②再生手続

→再生のページにリンク

飲食店の場合には、資金調達の手段として、様々な補助金や助成金が用意されています。毎年様々な種類のこれらの制度が用意されているにもかかわらず、正しくこのことを知っている専門家が少ないため、実際には、多くの飲食店の方がこの制度内容を知らず、あるいは、正しく知り尽くしていないために、うまく活用ができていない実態があります。

当事務所では、飲食現場での現場目線から、業務の効率化、ホームページ作成やSEO対策強化、メニュー改訂やコンセプトの見直しなどを含むマーケティング戦略の再編、仕入代や人件費、賃料等の経費値下交渉、十牛おいんのスキルアップ、助成金や補助金のフル活用等による資金調達等、飲食店に必要な収支バランス再構築のためのノウハウと人脈を駆使して、飲食店の再生を応援しています。場合によっては、飲食を得意分野としている、会計士、税理士、社労士、行政書士等の専門家をご紹介します。
どうぞお気軽に、お早めにご相談ください。

③破産手続

→破産のページにリンク

当事務所では、資金に困り、お金がないからこそ破産の選択を余儀なく
された飲食店様のために、いかに費用を低減して破産の申立をするかを、一生懸命考えて対応します。

幸い、当事務所では、代表の中村が現に飲食店を共同経営するなど、飲食店という母体がありますので、例えば、酒類等の在庫や什器備品類等についても、価格相場感を持っておりますので、内容によっては買取りも可能な余地がありますし、飲食店や飲食関係者との人脈構築にも努めていますので、適正価格での売却等による有効活用や、破産によって職を失う従業員の受入先を一緒に探す等の、真摯に寄り添った丁寧な支援を目指しています。

④合併、営業譲渡・事業譲渡、業務提携等

再生の一手段でもありますが、飲食店の不採算部門を切り離して、利益を期待できる主力部門を生かす一方法としての営業譲渡・事業譲渡、あるいは、双方飲食店あるいは異業種間でのシナジー効果が期待できる等の場合の合併や業務提携等を、飲食店においても積極的に活用すべきです。

机上の議論でこのような宣伝をしているところもありますが、夢の雫において、実際に、2号店として、あるいは業務提携等の形態として等々、様々なアイディアが実際にあり得るものであり、ここに、マニュアルは固定肝炎は持ち合わせていません。

業務改善の兆しを見つけるべく、様々なアイディアを駆使して再生のお手伝いを致します。

もちろん、営業譲渡先等の候補が既に決まっている場合の、そのために必要な契約書作成であったり、デューデリジェンスであったり、登記等の諸手続等についても幅広くご支援させていただいています。

当事務所では、M&Aに詳しい会計士やコンサルタントとも連携の人脈を構築しており、契約書作成はもちろんデューデリジェンスや労務関係の整備等を含む関連業務全般を幅広く支援していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

飲食店のトラブルのことなら何でもご相談ください。

飲食店での日々のトラブルを飲食店経営に精通した弁護士が解決いたします。顧客からのクレーム、賃貸着契約トラブル、仕入先トラブル、フランチャイズ契約トラブル、店内での事故・事件、債務超過など、飲食店には様々なトラブルがつきものですので、何でもお気軽にご相談ください。