従業員の定着

このように、多様な人材の積極活用を図ることも含め、従業員のことを想い安心感を醸成することは、従業員のモチベーションアップにも繋がりますし、業務の効率化にも繋がり、ひいては魅力ある職場からの退職者の軽減を実現し、従業員の定着化による好循環を生み出すことにも繋がります。

従業員の定着のためには、確かに、給与等の諸条件の充実も大切ですが、従業員の定着にとって、雇用条件は実は二の次と言われています。それよりも、所属している組織や提供している仕事が魅力あるものかどうか、そちらの方が重要なウェイトを占めていることは、従業員の定着を実現している経営者は誰もが知っていることなのです。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。