出産や結婚による退職女性労働者の積極雇用

出産や結婚を機に、短時間しか働けなくなったり、急な欠勤が出るなどして業務に支障を来したり、退職してしまうという事態はどうしても避けられないところです。

しかし、この人材難の状況において、このような女性労働者の活用について、もっと頭を柔らかくして逆に積極活用することを検討してみると良いと思います。

出産を経験してお子さんの扱いに慣れている女性従業員であれば、同様の境遇にあるお客様に対する手の行き届いたサービス能力を自然と身に付けています。

外食をしたいけれども、小さなお子さんがいるためなかなか外食が出来ないという方は非常に多いところ、例えばキッズルームを設けて、お客様とスタッフのお子さんが遊べる環境を作ってそのような客層を取り込むことも可能だと思いますし、このような事態に使える助成金も用意されているので、是非、専門家に相談をして正しい知識の下に実践を検討していただきたい分野です。

このような境遇の女性に対し積極的に短時間労働制を活用したり、女性退職者を登録制にして退職後も企業情報を積極的に発信して情報共有しつつ、人手不足の際に応募性で人手を賄い、その苦難を乗り切る工夫をしている企業が多数あります。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。