焼肉店を経営している者ですが労働審判の申立がなされました

(裁判所の段階へ進んでしまったら)

焼肉店を経営している者です。裁判所から、労働審判の申立がなされたので、答弁書を提出して出頭してくださいという内容の文書が店に届きました。
自分で対応できるようなものなのでしょうか?
労働審判とは、未払残業代請求や不当解雇など、労働者と使用者との労務関係紛争について、原則3回以内の期日のみで結論を出す、訴訟よりも簡易なものとして用意された手続です。

労働審判官(裁判官)と、民間から選出された、労働関係の専門知識と経験を有するとされている労働審判員2名の3名で審理されます。

簡易なものとして用意された手続であるとはいえ、素人でできる手続を想定して作られたというような制度内容にはなっておらず、通知を受け取って約2週間後までに答弁書を提出するよう求められ、しかも、その答弁書には、通常の裁判以上に、具体的に整理した主張内容を記載することを求められており、経営者自らが対応をしていくというのは、かなり困難なことだと思いますので、すぐに弁護士に相談されることをお勧めします。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。