居酒屋を辞めたスタッフから50万円の残業代請求がありました

(本人からの請求段階)

居酒屋を経営している者です。3か月前に辞表を提出して辞めた厨房担当のスタッフから、残業代が支払われていないので、50万円を支払ってほしいとの手紙が届きました。確かにうちの居酒屋では、残業代は支払っておらず、タイムカードに従って計算すると50万円以上の残業代になってしまいますが、そんなものを払っていたら店がつぶれてしまいます。どうしても払わなければならないのでしょうか?
残業をさせてしまっていたのが事実であれば、残念ながら、残業代の支払いを免れることはできません。

支払いを拒絶すると、労働基準監督署に相談されてしまって調査が実施され、当該従業員だけでなく、他の従業員に対する未払残業代の支払を命じられる可能性があります。あるいは、社労士や弁護士に相談されて、斡旋手続の申立や、労働審判、訴訟等を起こされる可能性もあります。

いずれの場合にも、遅延損害金等も付きますし、支払金額は増大してしまいます。傷口を広げないためには、早めに手を打つことが重要で、経営者サイドでは、本人との話し合いの段階で早期に解決し、その他のステージに進んで長期化することを防ぐべきだということが常識化してきています。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。