年少者の就業制限

15歳未満の児童は、原則として飲食店において稼働させることができません。採用面接の際には、履歴書の提出を求めるほか、きちんと住民票、免許証、保険証等の身分証明書をなるべく複数、提出を求めて確認するようにしましょう。

これらの義務に反して児童を雇用していたことが発覚すると、刑事事件となって逮捕・勾留されて刑罰を受けるほか、会社自体にも罰金刑が科されます。そればかりか、せっかく獲得して大切にしてきたお客様を失い、事業が立ち行かなくなってしまいます。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。