仕入先の精肉店から鮮度の保たれていない肉が届きました

(仕入先とのトラブル)

焼肉店を経営しています。まだ開店間もない店なので、自分で仕入先となる精肉店を探し、取引を始めたのですが、A5等級のブロックヒレ肉を10キロ購入したのですが、臭みが強く、味も変で、およそA5の鮮度の保たれた肉とは思われない物が届きました。
キャンセルしたいと伝えるも、ちゃんとしたものを提供しており、一度開封したもののキャンセルはできないの一点張りで代金を返してもらえません。どうにかならないでしょうか?
信頼関係が構築されていない間柄での仕入トラブルも少なくありません。お肉の仕入れに当たっても、取引実績がないと粗悪品を納品されてしまい、ただ、契約関係が口頭やメールでの受発注だけで曖昧にしてししまって代金を先払いにしてしまっているため取り消しが聞かないということも少なくありません。

やろうと思えば、届いた品を専門の機関に分析してもらい、メール等にもしA5等の品質について謳っているのであれば、それとの整合性や劣化等を調べて、契約違いや粗悪品であることの立証を可能とする証拠を揃えて返金要求し、弁護し依頼するということもできますが、費用対効果の問題がありますよね。

やはり、事前に予防が大切なので、名も知れないところからの仕入れは控え、同業者の紹介を得るか、きちんと自分で現地に足を運んで信頼できる業者かどうかを自分の目で確かめ、最初は少量からの仕入れをして品質を確かめてから、徐々に仕入れ量を増やしていくという現実的な工夫が必要だろうと思います。

飲食店のトラブルのことなら何でもご相談ください。

飲食店での日々のトラブルを飲食店経営に精通した弁護士が解決いたします。顧客からのクレーム、賃貸着契約トラブル、仕入先トラブル、フランチャイズ契約トラブル、店内での事故・事件、債務超過など、飲食店には様々なトラブルがつきものですので、何でもお気軽にご相談ください。