パンケーキ屋の経営が悪化し賃料が払えない状態です

(賃料等滞納)

流行に便乗してパンケーキ屋を開店させましたが、売り上げが悪く、資金繰りに窮して、賃料支払いが2ヶ月ほど滞るようになってしまいました。
資金繰りができず、何も考えられない状態になってしまっています。どうしたら良いでしょうか?
資金繰りに窮して頭が真っ白になってしまう。経験したことのない人には分からない、お辛い状況ですよね。ただ、賃料も支払えなくなってしまっているとすると、大きな問題です。3ヶ月以上の賃料を滞納すると、法的には賃貸借契約を解除することができるようになってしまいます。

前述のマーケティング等の箇所記述したような業務改善による売上の向上が見込めないか、あるいは、臨時的な資金獲得のために、知人らに直接電話営業を掛けてパーティーイベント等の応急処置ができないかを考えつつ、店舗経営の再生の道を検討しましょう。

メニュー改訂、コンセプトの再設定、集客方法の工夫、仕入先や物件変更等による支出の削減、助成金の活用など、我流にこだわるばかりではなく、専門家を始めとする第三者の知見を取り入れながら、業績好転を目指しましょう。

弁護士にご相談いただければ、とりあえずの契約解除を防止する交渉をオーナーとしつつ、これらの諸方策の検討のご助力をさせていただきます。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。