体調が悪いと言って欠勤を繰り返す従業員がいて困っています

(メンタルヘルス問題)

ホテル内のレストランを経営しています。体調が悪いと言って欠勤を繰り返す従業員がいて困っています。連日欠勤するというわけでもないので、解雇はしにくいのですが、上司に対する暴言や部下に対するパワハラもひどく、本人は、鬱病と診断されていると話しています。何か有効な手立てはありませんか?
休職命令を発することを検討しましょう。本人が鬱病に罹患しており、通常業務に堪えない状態のために欠勤を繰り返しているとすれば、そのまま勤務を継続させて体調を悪化させた場合には、使用者側の安全配慮義務違反を問われ、慰謝料等を請求されてしまうリスクもあります。

就業規則に定めた範囲内で休職命令をきちんと(曖昧に口頭でするのではなく)文書で与え、休職期間が満了して復職を希望する場合には、復職可能であるとする主治医の診断書を出してもらいましょう。

復職が本当に可能なのであれば復職を認めることになりますが、可能でない場合には、解雇する必要もなく、「自然退職」となることが、通常は就業規則で定められているはずです。そのようになっていない就業規則がもしあれば、すぐに改訂する必要があります。

主治医の判断だけですと、本人の言い分のままに書いているおそれが高く信憑性に欠け、実は復職できる状態ではなく体調を悪化させてしあまった場合には安全配慮義務違反を問われかねませんので、就業規則において、店の指定する医師の診察を受けさせ、主治医からヒアリングができるように規定しておくことも重要です。

メンタルヘルス問題を抱えつつ、問題を繰り返す従業員対応として、休職制度の活用は極めて有効です。早期に弁護士に相談して、対応を誤らないように致しましょう。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。