ハラスメント

使用者にとって,従業員を雇入れる以上,ハラスメント対策は今や必須といえます。もし事業所内でハラスメント被害が発生してしまった場合,せっかく育てた優秀な人材が職場を去らなければならない,という事態に発展しかねません。

また,使用者が,従業員のハラスメントを防止できなかった労務管理上の責任を問われる場合もあります。

使用者としては,店舗の従業員に「全て任せておいて大丈夫であろう」という認識ではなく,雇入れ時や定期的な従業員研修を実施して,ハラスメントがどのような行為を指すのか,実際にトラブルが起こってしまったらどのような事態が起こるのか,把握しておくことが必要です。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。