お客様のバックにワインをこぼしてしまい賠償金を請求されています

(器物破損)

ワインバーの店長をしています。先日、うちのスタッフが、ワインをサーヴする際にワインをこぼしてしまい、お客様のバッグに掛けてしまいました。お客様からは、新しいものに買い換えるから購入代金と同額の賠償金を支払えと言われていますが、当店では、クリーニング代しか出せないと平行線を辿っています。どうしたらよろしいでしょうか?
施設賠償責任保険に入っていますか?入っていれば、保険会社に相談して対応を任せましょう。

クリーニングの範囲で解消できる程度の汚れであれば、その分しか支払う必要がないという結論になります。

クリーニングのしようのない程の汚れの場合にも、時価賠償額が基本となります。古いバッグであれば、ほとんど価値が認められないことが多いです。

飲食店のトラブルのことなら何でもご相談ください。

飲食店での日々のトラブルを飲食店経営に精通した弁護士が解決いたします。顧客からのクレーム、賃貸着契約トラブル、仕入先トラブル、フランチャイズ契約トラブル、店内での事故・事件、債務超過など、飲食店には様々なトラブルがつきものですので、何でもお気軽にご相談ください。