中華料理を食べ歯が欠けたとクレームがあった

(転倒や異物混入等による怪我)

中華料理店を経営しています。チャーハンを提供したところ、小石のような異物が混入していたとして、歯が欠けたとクレームが付いてしまいました。
食中毒同様、生産物賠償責任保険に加入していれば、賠償金が保険で賄われます。加入していない場合、あるいは、店に責任がないと保険会社が判断した場合には、施設賠償責任保険のところで述べたのと同様の対応が必要となります。

飲食店のトラブルのことなら何でもご相談ください。

飲食店での日々のトラブルを飲食店経営に精通した弁護士が解決いたします。顧客からのクレーム、賃貸着契約トラブル、仕入先トラブル、フランチャイズ契約トラブル、店内での事故・事件、債務超過など、飲食店には様々なトラブルがつきものですので、何でもお気軽にご相談ください。