寿司店ですが、8名のコース料理の無断キャンセルで損害を被りました

(ドタキャン・無断キャンセル)

寿司店を営んでいます。8名での団体予約が入り、コース料理の予約をいただいたので、朝に仕入れをし、仕込みを行いました。
ところが、いつまでも来店せず、電話をしましたが、電話に出てもらえず、その日の食材を全て無駄にして廃棄することになりました。賠償請求できないのでしょうか?
直前になってのドタキャンや無断キャンセルは、本当に困ったものですね。良識ある客であれば、そのようなキャンセルは避けるか、どうしてもの時にはいくらかのキャンセル料を支払うよう申し出るのが通常かと思いますが、そうではなく、店の損失を顧みないこのような客が増えているのも事実です。

店が被った実損分については、損害賠償請求が可能です。但し、現実的には、少額であり、わざわざ法的処置を採ったり、弁護士に相談する手間や費用を考えると、泣き寝入りせざるを得ないことも多いかと思います。
そのため、予防が必要であり、特にコース予約、あるいは繁忙期で他の客の申し込みをキャンセルしなければならない時期などについては、キャンセル料の設定をしたり、あるいは、心理的にキャンセルがしにくくなるように、ネットで詳細情報を入力させて申し込ませる工夫をしている店舗もあります。予防方法についての工夫を検討することが、現実的です。

直接口頭で、キャンセルの説明がしにくいようであれば、ホームページにその旨きちんと明記しておき、払わないと拒絶された場合には、文書で通知を送付して請求するという対応も考えられます。あるいは、前日のうちに再度確認の電話を客から入れてもらえない限りはキャンセルとして扱うなどというシビアな対応をしている飲食店もあるほど、飲食店にとっては、切実な問題となっています。

飲食店のトラブルのことなら何でもご相談ください。

飲食店での日々のトラブルを飲食店経営に精通した弁護士が解決いたします。顧客からのクレーム、賃貸着契約トラブル、仕入先トラブル、フランチャイズ契約トラブル、店内での事故・事件、債務超過など、飲食店には様々なトラブルがつきものですので、何でもお気軽にご相談ください。