ツケ払いが貯まったお客さんの連絡先が分からなくなってしまいました

(ツケ払い)

ツケ払いが貯まったお客さんに請求書を送付したのですが、届かずに返送されてきてしまい、連絡先が分からなくなってしまいました。1年間で時効にかかってしまうと聞いていますが、どうしたらよいでしょうか?
今回、民法の大改正があり、平成32年に施行される予定ですが、改正法施行後に発生したツケ払いによる売掛金の時効は1年から5年に延長されることになりました。但し、今あるツケ払いによる売掛金の時効は1年間のままです。

一番大切なのは、ツケ払いを複数回貯めないことです。言いにくいかもしれませんが、時代にそぐわない運用にもなりつつありますので、一度支払いを怠った方には、支払いが終わるまでは認めない徹底が必要だろうと思います。

どうしても連絡先を確認して回収したい場合には、弁護士であれば、住民票の異動等の情報や携帯番号から現在の住所ないし居所を調査することも可能ですので、ご相談ください。所在が分かれば、文書を送付して請求すると6ヶ月間、時効の完成を阻止することもできます。

飲食店のトラブルのことなら何でもご相談ください。

飲食店での日々のトラブルを飲食店経営に精通した弁護士が解決いたします。顧客からのクレーム、賃貸着契約トラブル、仕入先トラブル、フランチャイズ契約トラブル、店内での事故・事件、債務超過など、飲食店には様々なトラブルがつきものですので、何でもお気軽にご相談ください。