外国人や障害者等の積極雇用

東京都の大都市圏では競合が激しいことから、多様な人材を有効活用する視点で、従来は敬遠されがちだった外国人や障害者をあえて積極雇用し、外国人であればその当地料理、障害者であれば例えば得意とする一定の単調作業など、そのスキルや特性をあえて採用して伸ばす試みがなされているようです。

各種助成金との組み合わせも意識しながら、これらの人材を行かせないか、工夫を考えてみると良いでしょう。

指導者たるべき立場の日本人よりも、外国人の方の方が一生懸命働いており、その旨日本人に注意したところ、労働基準監督署に駆け込まれたなどというご相談も経験しており、頭を柔軟にして採用に望むことの重要性を教えられます。

飲食店の労務管理のことなら何でもご相談ください。

残業代問題への対応、解雇問題への対応、就業規則の整備、その他 労務管理コンサルなど、実際に飲食店を自ら経営している弁護士が現場目線で支援いたします。
労務管理に関するあらゆる問題を飲食店オーナー様と二人三脚でフォローいたしますのでお気軽にご相談ください。